ライセンス

ライセンス認証

初回起動時にはライセンス認証が求められます。(※ライセンス認証を行うにはネットワークに接続している必要があります。 一旦認証が完了すれば、以降の起動にネットワーク接続は必要ありません。) 開発元から取得したライセンスコードを入力し「正規版有効化」をクリックして下さい。 ライセンス購入をご希望の場合info@iiu.co.jpまでご連絡下さい。

なお、SigmaはUSBドングルを用いた認証にも対応しています。 この場合、ネットワーク接続による認証は不要ですが、Sigmaを使用するには常にPCにSigma用USBドングルが接続されている必要があります。 USBドングル方式による認証をご希望の場合、ライセンス購入時にその旨をお伝え下さい。

通信に失敗する場合のヒント

通常、PCがネットワークに接続されていれば通信を行うのに特別な設定は必要ありませんが、企業ネットワーク等からの通信に失敗する場合、 ファイアウォールとして使用されているプロキシサーバーの設定の自動取得に失敗している可能性があります。 この場合、該当プロキシサーバーのアドレスとポート番号を手動で指定することで解決する場合があります。 ライセンス認証画面からプロキシ設定を変更するには「通信に失敗する場合のヒント」をクリックし「プロキシ設定画面を開く」ボタンから プロキシ設定画面を開きます。

トライアル

ライセンスコードがない場合、「トライアル開始」ボタンをクリックすることで、30日間機能制限なしでSigmaを利用することができます。

ライセンス解除

ライセンス取得時の契約内容に応じて、ライセンス認証可能なPCの台数に制限があります。PCの買い替え時など、 異なるPCにライセンスを移動させたい場合、まず古いPCでライセンスを解除した後、 新しいPCでライセンスを有効化して下さい。ライセンスを解除するにはツールバーの「Info」ボタンから「ライセンスを解除」を選択します。 (※ライセンスの解除にはネットワーク接続が必要です。)

トライアル版使用中におけるライセンス認証

トライアル版を使用中に正規版のライセンスを有効化させたい場合、 ツールバーの「Info」ボタンから「ライセンス認証」を選択します。

モジュール

モジュールにより、Sigmaに特別な機能を追加することが出来ます。モジュールを使用するには、各モジュールに対応したライセンスが必要です。 現在利用可能なモジュールは以下の通りです。

モジュール一覧
Senspider(旧AST)モジュールマクニカ製データロガーSenspiderと連携する機能。 詳しくはSenspider連携をご覧下さい。
ファイル監視モジュール 任意のデータロガー等により生成されるファイルを随時Sigmaに取り込み表示・保存する機能。 詳しくはファイル監視をご覧下さい。
AIモジュール レコードに機械学習を適用することで、高度な異常検知やトレンド監視を行うことが出来ます。詳しくはAIモジュールをご覧下さい。
TOPへ